未分類

デリケートゾーンのお手入れに専用石鹸が密かに人気!洗い方・泡パックの方法を解説!

悩みの絶えない女性のデリケートゾーンのお手入れに、今密かに人気を集めているデリケートゾーン石鹸。気になるけど、実際どうやってお手入れするの?と疑問に思っている方も多いはずですよね。そこで今回は、気になるデリケートゾーン石鹸の具体的な使い方や、泡パックの方法について詳しくお伝えしていきたいと思います。

現在デリケートゾーン石鹸を絶賛愛用中という方も、今一度おさらいしてみてくださいね。

デリケートゾーンの正しい洗い方はコレ!

では早速、デリケートゾーンの正しい洗い方から学んでいきましょう。

デリケートゾーン石鹸の基本の使い方

デリケートゾーン石鹸を使って実際にデリケートゾーンケアをする際の、基本の流れはこのようになっています。

①石鹸をよく泡立てる。

②指の腹を使ってよく洗う。

③洗い残しが無いようによく流す。

④しっかりと水気を拭き取る。

一つずつ詳しく見ていきましょう。

①石鹸をよく泡立てる

まずはその1、石鹸を泡立てネットなどで泡立てることから始めましょう。ちなみに泡立ての不要な泡タイプやオイルタイプのものを購入する予定の方は、次の手順から始めてもOKです。

ただし固形タイプの石鹸であればしっかりと泡立てることで皮膚への刺激も減らすことができますし、石鹸カスが付いて不潔になることもありませんのでしっかりと行ってくださいね。

②指の腹を使ってよく洗う

しっかりと石鹸を泡立ててデリケートゾーンに塗り込んだら、そのまま指の腹を使ってやさしく馴染ませていきます。この時、泡立てネットやボディネットでそのままゴシゴシしたり、スポンジなどで強く洗ってしまうと皮膚が傷付いてトラブルの元になってしまいますから、できるだけやさしく、指の腹で洗うようにしましょう。

洗う順番は、陰毛部分から陰核、性器部分、肛門といったように前から後ろへと洗っていくことを意識してください。

③洗い残しが無いようによく流す

汚れてしまっていた部分が十分に洗えたら、あとはシャワーでしっかり洗い流すだけ。ただ一つ注意したい点として、シャワーを直接当ててしまうと肌が刺激に対抗してメラニン色素を作り出そうとしてしまい、黒ずみの元となりますので、直接シャワーを当てないように気を付けましょう。

ちなみにデリケートゾーンのお手入れは膣の中まで洗う必要はないので、中までお湯を入れないよう慎重に洗い流してあげることが大切になります。

④しっかりと水気を拭き取る

洗い残しがないよう流せたら、できるだけ早めに清潔なタオルで水気を吹いてあげましょう。デリケートゾーンは濡れた状態のまま放置してしまうとせっかくお手入れをしたあとでも雑菌が繁殖してしまいますので、放置は厳禁です。

デリケートゾーン石鹸でする泡パックの方法

①基本の使い方のとおりに、大まかな汚れを洗い流す。

②もう一度石鹸を泡立て、デリケートゾーンに乗せる。

③泡を乗せたまま3分放置した後、しっかり洗い流す。

続いて気になる泡パックの方法ですが、やり方はいたってカンタン。先に大まかな汚れをさっと洗い流したら、もう一度泡を立ててデリケートゾーンに乗せ、3分程度放置するだけです。

普通に洗うよりも若干時間はかかりますが、この方法だと気になるニオイもより効果的に落とせますので、臭いが気になりがちな生理中などにもおすすめできます。スペシャルケアをしたい特別な日にも、是非実践してくださいね。

デリケートゾーンのお手入れにおすすめのデリケートゾーン石鹸

デリケートゾーン石鹸の正しい使い方を覚えたら、あとはお気に入りのデリケートゾーン石鹸を探すだけ!ここでは、数あるデリケートゾーン石鹸の中でも特におすすめ度の高い商品をいくつかご紹介させていただきます。

ジャムウ・ハーバルソープ

内容量 60g
単品価格
お試しセット価格 お試しセット内容

  • ジャムウハーバルソープ1点
  • 泡立てネット1点
  • お試しコスメ1点

1,933円(税別)

有効成分 ジャムウ
返金保証
医薬部外品認定
形状 固形
定期縛り

ジャムウ・ハーバルソープは女性の美容や健康にまつわる様々な商品を販売しているLCラブコスメから開発されたデリケートゾーン石鹸。こちらは価格も手頃でありつつ、しっかりとデリケートゾーンのお悩みに作用する成分を配合しているため、低コストで高品質なものを手に入れたいという方におすすめです。

KADASON BODY SOAP(カダソンボディソープ)

内容量 250ml
単品価格 3,218円(税込)
定期価格 2本定期セット

5,150円(税込)

 

有効成分 サリチル酸
返金保証
医薬部外品認定
形状 液状
定期縛り

デリケートゾーンの悩みの中でも特にかゆみが気になる!という方には、皮膚科の医師監修のカダソンボディソープがおすすめ。かぶれや感染症の治療などで通院中という方でも使える安全性の高いものなので、お肌を傷付けることがありません。

肌の潤いを残しつつ保湿してくれるシロキクラゲエキスが配合されているのも、女性には嬉しいポイントですよ。

ジャムウ・トリプル・クリアソープ

内容量 80g
単品価格 4,980円(税込)
3個セット価格 14,800円→9,800円(税込)
有効成分 ラベンダーエッセンス、ミョウバン、柿渋など
返金保証 トリプル体験のみ10日間
医薬部外品認定
形状 固形
定期縛り

ジャムウ・トリプル・クリアソープは、とにかくデリケートゾーンの臭いを改善させたいという方のための高級ソープ。消臭に効く成分をトリプル配合することで、臭いの元を徹底的に撃退することに成功しました。またジャムウ・トリプル・クリアソープには消臭効果のある成分だけでなく、かゆみや黒ずみ解消、保湿効果などが期待できるものも含まれているため、デリケートゾーンのトータルケアをしっかりとしたいという方にもおすすめです。

デリケートゾーン石鹸でお手入れする際の注意点

洗い方もおすすめ商品もわかったらデリケートゾーン石鹸についての知識はもう完璧!と言いたいところですが、本当に正しい効果を得るためにはあとひと押し。実際にデリケートゾーン石鹸を使う際の注意点についても覚えて、デリケートゾーン石鹸マスターを目指しましょう。

中は洗わないようにする

デリケートゾーンをケアする上で最も気をつけたいのが、膣内までは極力洗わないようにするということ。女性の膣内には元々雑菌の侵入を防ぐ善玉菌が存在しており、何もしなくても基本的にはそれらが中の状態を保ってくれています。

しかしその良い菌を石鹸やお湯で洗い流してしまうと、雑菌を退治する自浄作用のはたらきが弱まってかえって臭いやかゆみなどが進行することがあるのです。ついつい洗いたくなる膣内ですが、それは我慢して周りをしっかり洗うようにしてあげましょう。

まとめ

正しい洗い方というとなんだか堅苦しく感じるものの、実はデリケートゾーン石鹸の使い方はとってもカンタン。いくつか気をつけたい点はあるものの、基本的には一般的な石鹸と同じ「洗う→流す→拭く」の3工程でお手入れをしてあげることができます。

またデリケートゾーン石鹸は泡を塗ってからすぐに洗っても問題はないですが、臭いが気になる時や彼と会う特別な日などにはちょっと時間をかけて泡パックをすることでより充実したケアが可能です。

そのようにデリケートゾーン石鹸にはまだまだたくさんのメリットが隠されていますから、デリケートゾーン石鹸はケアの方法が面倒そう、なんて思っていた方も、この機会に是非デリケートゾーン石鹸をゲットしてみてくださいね。