デリケートゾーンには専用せっけんが必須?特徴や選び方を教えて!

デリケートゾーン石鹸NAVI【正しい使い分けと選び方】

使い方

デリケートゾーン石鹸の利用頻度はどのくらい?洗いすぎると危険?

更新日:

デリケートゾーンのケアには欠かせない存在のデリケートゾーン石鹸。どれくらいの頻度で使ったらいいのか迷ったことはありませんか?いくら専用のデリケートゾーン石鹸だといっても、頻度や使い方が間違っていたらと思うと不安になってしまいますよね。

今回はそんな皆さんのデリケートゾーン石鹸に関する疑問を解決していきたいと思います。

デリケートゾーン石鹸はどのくらいの頻度で使うべき?

デリケートゾーンを洗う頻度は人それぞれ違うかと思いますが、正しい頻度とは一体どれくらいなのでしょうか?

毎日使うのがベスト

私たちが考えている以上に、実はデリケートゾーンはとっても汚れやすいもの。特に意識して生活しなくても尿やおりもの、汗などで自然と雑菌が繁殖してしまい、それがニオイやかゆみの元となります。デリケートゾーンを毎日清潔に保つためにも、できるだけ普通の石鹸やボディソープなどと同じように毎日使ってあげましょう。

デリケートゾーンは洗いすぎると危険なの?

デリケートゾーンは毎日丁寧に洗ってあげることが大切ですが、デリケートゾーンについて色々と調べていると「洗いすぎは良くない」なんていう情報も多く見かけますよね。では実際、デリケートゾーンを洗いすぎるのにはどんなデメリットがあるのでしょうか。

中まで洗ってしまうと逆効果

まず「デリケートゾーンを洗いすぎるのは良くないのか」ということについてですが、実は本当にデリケートゾーンにとって良くないのは洗いすぎることではなく、念入りに洗おうとすることで「膣の中にまで泡を入れてしまう」こと。

もともと膣には自身の力で雑菌を退治する自浄作用という働きがあるために中まで洗う必要はなく、それどころかむしろ中まで洗ってしまうとさらに雑菌が繁殖することになって逆効果なのです。

デリケートゾーンの臭いが気になり出すとついつい洗いすぎてしまうという方も多いかと思いますが、お手入れの際は膣内に極力お湯などを入れないように気をつけましょう。

こすりすぎは黒ずみの元

皆さんの中には汚れやニオイが気になってついついゴシゴシとこすり洗いをしてしまっている方もいらっしゃるかと思いますが、こすり洗いは臭いやかゆみなどは軽減できたとしても、今度は黒ずみができる原因になってしまいます。

というのも、肌に刺激を与えてしまうとその刺激に対抗しようとメラニン色素が作り出されてしまうからで、ただ洗っているだけだと思っていても知らず知らずのうちに色素を沈着させてしまっているから。デリケートゾーンを洗う際は、指の腹を使ってやさしく洗うのがベストです。

市販品はNG

先ほどの内容を見ると「じゃあ中に入れなければどの石鹸でもOKなのか」なんて思う方もいるはず。しかし実は一般的な市販品の石鹸などはデリケートゾーンのケアには向いていない「アルカリ性」のものが多いため、かえって雑菌が繁殖しやすい環境をつくりあげてしまうのです。多少コストはかかっても、通販などで売られているデリケートゾーン専用の石鹸でケアをしてあげるようにしてくださいね。

毎日使えるおすすめのデリケートゾーン石鹸をご紹介

デリケートゾーンはしっかり清潔にしておきたいけど、お手入れをすることで逆に状態が悪くなってしまうのはイヤ、という方のために、毎日安心して使える安全性の高い商品を厳選してみました。

デリケートウォッシュオイル

公式ページ

内容量 100ml
単品価格 3,500円(税抜)
定期価格 3,150円(税抜)
有効成分 バラ、モモ、カーネーション、カリンなど
返金保証
医薬部外品認定 -
形状 オイル
定期縛り -

ピーチジョンから販売されている「デリケートウォッシュオイル」は、その名のとおりオイルタイプのデリケートゾーン用アイテム。オイルがデリケートの汚れや雑菌を浮かせて落としてくれるので肌を傷付ける心配がなく、こだわりのオーガニック成分が肌をいたわりつつケアしてくれます。またデリケートウォッシュオイルは石鹸タイプのようにわざわざ泡立てる必要がないため、ズボラさんでも無理なく続けることができますよ。

KADASON BODY SOAP(カダソンボディソープ)

\一番安いのはココ!/

公式ページ

内容量 250ml
単品価格 3,218円(税込)
定期価格 2本定期セット

5,150円(税込)

 

有効成分 サリチル酸
返金保証 -
医薬部外品認定 -
形状 液状
定期縛り -

「カダソンボディソープ」は皮膚科の専門医監修のもとにつくられた安全性の高いアイテムであり、現在病院でデリケートゾーンのトラブルを治療中という方でも使える薬用のソープです。

こちらは主にデリケートのかゆみに高い効果を発揮するアイテムなのですが、もちろんそれ以外のニオイや肌荒れケアなどにもおすすめ。保湿効果も高いので、乾燥が気になる時期でもお使いいただけます。

コラージュフルフル泡石鹸[ピンク]

\一番安いのはココ!/

公式ページ

内容量 150ml
単品価格 1,800円(税別)
Web限定セット価格 お泊りデートセット内容

  • コラージュB.K.AGE 薬用保湿化粧水(とてもしっとり)
  • コラージュB.K.AGE 薬用保湿乳液
  • コラージュ クレンジングミルク
  • コラージュ 洗顔パウダー
  • コラージュフルフル リキッドソープ

(全て各1包)

1,944円(税込)

有効成分 トリクロサン、ミコナゾール硝酸塩
返金保証 -
医薬部外品認定
形状
定期縛り -

使用満足度91.3%を獲得しているコラージュフルフル泡石鹸[ピンク]は、肌への優しさと効能を認められた医薬部外品。手軽な泡タイプなので彼からの急なお泊りの誘いにも対応できると女性達から大きな人気を集めています。また肌への優しさを考えたコラージュフルフル泡石鹸[ピンク]は人の肌と同じ弱酸性、そして無香料・無色素になっているため、生理中でも毎日安心して使用することができますよ。

デリケートゾーン石鹸の正しい使い方

それでは最後に、これまでの内容のおさらいの意味もふくめて、デリケートゾーン石鹸の正しい使い方について確認していきましょう。

①よく泡立てて前から後ろへと洗っていく

②洗浄料を塗り込んでパックする

③しっかりと洗い流して水気を拭き取る

①よく泡立てて前から後ろへと洗っていく

まずは泡立てネットなどで石鹸をしっかりと泡立て、陰毛から性器部分、肛門のように、前から後ろへと洗っていきます。この時、汚れがたまりやすい陰核の部分などは洗い残しのないようしっかり洗いましょう。

泡立ての不要なオイルタイプや泡タイプなどは、そのままデリケートゾーンに塗りこんでOKです。

②洗浄料を塗り込んでパックする

気になる部分にしっかりと塗れたら、次はそのまま3分程度放置してパックします。(時間がない時には省いてもOK)

③しっかりと洗い流して水気を拭き取る

3分程たったら、洗い残しのないようにしっかりとシャワーで洗い流しましょう。洗い流す時は直接陰部にシャワーを当ててしまうと中にまでお湯が入ってしまうことがあるので、十分注意して行ってください。

洗い流したあとは放置してしまうと雑菌が繁殖してしまうので、素早くタオルなどで拭き取りましょう。

まとめ

デリケートゾーン石鹸は毎日使うことでより、清潔な状態を保ちやすくなります。ただそのためには毎日使っても問題のない低刺激なものを選ぶ必要がありますので、市販品などを購入する際は十分注意してくださいね。

またデリケートゾーンのニオイの原因はなんとなく中にあるんじゃないかと思って洗ってしまっていた方も多いかと思いますが、デリケートゾーンの状態を悪化させないためにも、正しいケア方法でデリケートゾーン石鹸を使っていくようにしましょう。

-使い方

Copyright© デリケートゾーン石鹸NAVI【正しい使い分けと選び方】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.