デリケートゾーンには専用せっけんが必須?特徴や選び方を教えて!

女性のデリケートゾーンは皮膚も薄く、通気性も良くないので様々な肌トラブルが起こりがちな場所です。場合によっては強いニオイやかゆみ、黒ずみといった、他人には気軽に相談できないような症状に頭を悩ませることもあるでしょう。実は、そんな悩みを解決するデリケートゾーン専用のせっけんがあることを知っているでしょうか。今回は、デリケートゾーンのトラブルの原因を踏まえ、専用せっけんの基本的な知識について解説していきます。

 

デリケートゾーンのニオイや肌トラブルの原因

デリケートゾーンの肌トラブルには様々な原因が考えられますが、中でも代表的な原因として「汗やムレ」「ナプキンのムレやこすれ」「食生活の乱れ」が挙げられます。それぞれどんなメカニズムで肌トラブルを招いてしまうのでしょうか?

汗やムレ

女性のデリケートゾーンには汗腺が多く存在しているため汗をかきやすく、また、構造上どうしても通気性が悪くなりがちです。そのため、汗をかいてもすぐに乾かすことができず、いつまでもジメジメとムレやすくなってしまうのです。私たちの肌には様々な雑菌が存在しているのですが、雑菌は高温多湿の環境で活発に増殖します。つまり、汗でムレやすいデリケートゾーンは、雑菌にとって格好の繁殖場所になってしまうのです。増殖した雑菌は肌に刺激を与えて痒みや炎症を引き起こすため、肌トラブルの大きな原因となります。

 

ナプキンのムレやこすれ

もともと女性の身体は、生理が近づくとホルモンバランスが乱れて肌がより敏感な状態になります。この状態で経血や汗などによるムレが起きたり、ナプキンで擦れたりすることで、肌がかぶれてトラブルを起こしてしまうのです。また、ナプキンを長時間変えずにいると、汗だけでなく経血によってデリケートゾーンが非常に湿った状態になり、雑菌の繁殖も活発になってしまいます。雑菌はニオイの原因でもあるため、繁殖すればするほどニオイも強くなります。生理中は特に肌トラブルが起きやすいので、こまめにナプキンを変えたりシャワーを浴びたりするなど清潔を心がけることが大切です。

 

食生活の乱れ

一見するとデリケートゾーンの肌トラブルと食生活には関係がなさそうですが、実は大きく影響を与えています。食生活が乱れると肌荒れが起きやすくなりが、それはデリケートゾーンの肌にも当てはまります。例えば、ビタミンが不足すれば肌が乾燥しかゆみを感じる場合が少なくありません。また、脂っこいものばかり食べていると皮脂の分泌が過剰になってニオイの原因になります。さらに、食生活の乱れから便秘になると、腸内にたまった老廃物のニオイがデリケートゾーンから発散されてしまうこともあります。このように食生活の乱れはデリケートゾーンのトラブルに繋がりかねないため、十分注意する必要があるのです。

 

デリケートゾーンになぜ専用のせっけんが必要なのか

かゆみや黒ずみ、ニオイなどのトラブルを改善するには、デリケートゾーン専用のせっけんを使うことが望ましいとされています。「せっけんなんてどれも同じでは?」と思っている人も多いでしょうが、実は専用せっけんでなければ得られない効果やメリットがあるのです。なぜ専用せっけんが必要になるのか、詳しく説明します。

 

デリケートゾーンをケアするため

デリケートゾーンは、体の中でも特に皮膚が薄く刺激に弱いことに加えて、ムレやすく雑菌も繁殖しやすい部位になります。そのため、これらの問題点を解決する力を持った専用せっけんを使うことが望ましいのです。もちろん一般的なボディソープでも汚れを落とすこと自体は可能なのですが、皮膚が薄く粘膜もあるデリケートゾーンに使うには刺激が強すぎます。ケアするどころか逆に肌にダメージを与えて肌トラブルを招いてしまう危険がある他、雑菌を抑制する作用も低いため、あまり効果が期待できません。

これに対し、専用せっけんなら低刺激成分が配合されていたり殺菌作用を持っていたりするタイプが多くあります。そのため、繊細な皮膚や粘膜にダメージを与えず、その上、効果的に雑菌も退治することができるのです。これらの事から、デリケートゾーンのケアにはデリケートゾーンに特化した専用せっけんが必要となります。

 

ニオイや黒ずみ、かゆみをケアするため

専用せっけんには、デリケートゾーンに起きやすいニオイや黒ずみ、かゆみを抑える有効成分が配合されています。一般的なせっけんにはこういった成分は含まれていないため、どんなに念入りに洗っても効果的にトラブルを改善できないことも多いです。ニオイなどのトラブルは、一日ですっきりと改善できるものではありません。毎日ケアを続けることで少しずつ効果を得られるというパターンが多いので、専用せっけんで持続的に有効成分を与えていくというケアが適しているのです。

 

デリケートゾーンせっけんと普通のせっけんの違い

デリケートゾーンのケアには専用せっけんが望ましいことは分かりましたが、「普通のせっけんとどう違うの?」と気になる人も多いでしょう。納得して専用せっけんを使い続けるためにも、どのような違いがあるかを説明していきます。

洗浄力の違い

せっけんは本来汚れをしっかり落とすために使われるものなので、強い洗浄力が求められます。このため、一般的なせっけんにはアルカリ性の強い洗浄成分が配合されているのですが、これがデリケートゾーンにとっては負担となるのです。デリケートゾーンは、デリケートという名前からも分かるように身体の中でも特に弱い肌質をしています。それにも関わらず強い洗浄力でゴシゴシ洗ってしまうと、肌の保護に必要な皮脂や常在菌まで一気に落とし、ニオイやかゆみの発生に繋がってしまうのです。つまり、一般的なせっけんを使用することは、自ら肌トラブルを招いているようなものだとも言えるでしょう。この点、専用せっけんであれば弱酸性の低刺激成分を使用しているものが多く、もともとの肌に近い酸性度なので負担が小さくて済みます。洗浄力が優しいため不要な汚れや過剰な油分だけを落とすことが可能です。さらに、皮脂や常在菌もある程度残すことができるので、過剰に刺激を与えず肌を保護するのに役立ちます。

 

配合成分の違い

専用せっけんには、ジャムウや甘草エキス、カミツレエキスなど様々な有効成分が配合されています。これらは肌の角質を落とし、ターンオーバーを促す作用があるので黒ずみやかゆみの改善に役立ちます。また、高い保湿成分も配合されており、洗った後もしっかり繊細な肌を保護することができます。雑菌の繁殖を抑える抗菌成分も配合されたものも多く、ニオイや炎症を予防したり改善したりすることが可能です。これらの成分は一般的なせっけんにはあまり配合されていないので、専用せっけんならではの特徴だと言えます。

 

かゆみを抑えるためのせっけんの成分

肌トラブルで多い悩みの一つが、ムズムズとした「かゆみ」です。酷いかゆみを放っておくと、眠っている間に無意識に掻きむしって血が出てしまうなど、より重い肌トラブルを招く危険があります。デリケートゾーン専用せっけんにはかゆみを抑える成分が配合されているものが多いので、具体的な成分を知っておきましょう。

抗炎症成分

かゆみを抑える代表的な成分が、「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸2K」というものです。どちらも同じ甘草という植物から抽出した成分のことを指しています。これらの成分は、昔から口内炎や喉の炎症などを治療するために用いられてきた成分で、高い抗炎症作用や抗アレルギー作用が認められています。化粧品だけでなく医薬品にも広く使用されているものであり、天然成分でもあるため安心して使用することができます。かゆみは血管や皮膚が炎症を起こすことが感じるものなので、抗炎症作用を持つグリチルリチン酸ジカリウムはかゆみ止めにぴったりです。

 

保湿成分

かゆみを抑えるには、炎症を抑えるだけではなく保湿を徹底することも非常に重要です。肌が乾燥すると、肌本来のバリア機能が低下して炎症が起こりやすくなり、些細な刺激でも強いかゆみを感じるようになってしまいます。このため、デリケートゾーン専用せっけんには抗炎症成分と同時に、「ジャムウ」や「グリセリン」などの保湿成分が配合されることが多いです。ジャムウはハーブを調合して作られたもので、体内のコラーゲン同士を結び付けたり、ヒアルロン酸の量を増やしたりする効果があるため高い保湿効果を発揮します。グリセリンも高い吸湿性を持っており、コラーゲンなどと反応してより保湿効果を高める作用もあるため、多くの化粧品に用いられています。

 

黒ずみ対策になるせっけんの成分

下着や脚との摩擦が起きやすいデリケートゾーンは、肌が刺激を受けて黒ずみが起こりやすい場所でもあります。黒ずんでしまった肌を見て、残念な気持ちになる女性も少なくないでしょう。黒ずみもデリケートゾーンの肌トラブルとして代表的であるため、専用せっけんには黒ずみ対策に効果的な成分も多く配合されています。どのような成分が黒ずみを改善する効果を発揮するのでしょうか?

角質を落とす洗浄成分

デリケートゾーンが黒ずんでしまう大きな原因は、ズバリ「摩擦」です。下着などで常に刺激を受けてしまうため、肌が自分を守るためにメラニン色素を活発に作り出してしまうのです。蓄積したメラニン色素が集まると黒ずんで見えてしまうため、それを改善するには少しでも早くメラニン色素が溜まった角質を落とさなくてはなりません。そこで役立つのが、「パパイン酵素」や「プロメライン」などの洗浄成分なのです。パパイン酵素はパパイヤ、プロメラインはパイナップルに含まれる酵素であり、自然由来なので肌に刺激となる心配もありません。これらはタンパク質を分解する力を持っており、古くなった角質を剥がしてターンオーバーを促すことができます。スムーズに新しい肌細胞が生まれてメラニン色素を追い出してくれるため、黒ずみの改善効果が期待できます。

美容成分

専用せっけんには、美容成分として有名な「セラミド」も配合されています。セラミドには肌の細胞を繋いで保湿力を高める作用があるのですが、これが不足すると肌が乾燥しがちになります。すると角質層が厚くなり、ターンオーバーが阻害されてメラニン色素が排出されずに黒ずんで見えるようになるのです。順調なターンオーバーのためにはセラミドが必要不可欠であるため、多くの専用せっけんに配合されています。

保湿成分

保湿成分は様々な種類が存在しますが、特にデリケートゾーン専用せっけんとして重宝されているのが「ジャムウ」です。ジャムウとは、インドネシアで伝統的に利用されているナチュラルハーブのことです。様々なハーブを調合して作られることが多く、エラスチンやシアル酸、ヤシ油など高い保湿効果を持つ成分が含まれています。全て天然成分由来なので、刺激に弱いデリケートゾーンの保湿成分としてはうってつけです。保湿成分以外にも抗酸化作用や血行促進効果などもあり、女性に嬉しい効果が満載です。

メラニン色素を減らす成分

肌が黒ずんでしまうのは、刺激などによってメラニン色素が生成されてしまうためです。つまり、黒ずみを改善したいならメラニン色素の生成を抑えれば良いということになります。この点に着目し、デリケートゾーン専用せっけんでは「アルブチン」などの美白成分が配合されることが少なくありません。アルブチンは梨などに含まれる成分で、体内のメラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の作用を阻害することができます。これにより、メラニン色素の生成を予防して黒ずみを抑えることが可能になるのです。肌に吸収されるとメラニン色素を除去する働きもあるため、予防にも改善にも効果が期待できます。

 

ニオイを抑えるためのせっけんの成分

高温多湿になりやすいデリケートゾーンは、雑菌が繁殖したり汗が溜まったりして独特のニオイに悩まされることもあります。専用せっけんにはこのようなニオイを抑えるための成分も含まれているので、それぞれチェックしておきましょう。

消臭成分

イヤなニオイを消してくれる成分として良く用いられるのが、サトウキビエキスや茶葉エキス、柿タンニンなどです。他にもビンロウ果実やミョウバン、ジャムウなどもポピュラーな成分で、雑菌の繁殖を防いだりニオイそのものを分解したりする作用などを持っています。どの成分が配合されているかは専用せっけんの種類によっても異なりますが、一般的には自然由来の低刺激成分が使用されることが多いです。

収れん、発汗抑制成分

デリケートゾーンのニオイは、汗をかくことも大きな原因の一つです。汗が多く分泌されるとデリケートゾーンがムレて雑菌が繁殖しますし、汗そのものにもニオイがあるため、ますますニオイが強くなってしまいます。これを改善するために配合されているのが、収れん効果や発刊抑制効果を持つ「イソフラボン」や「フェノールスルホン酸亜鉛」などです。イソフラボンは女性ホルモンとよく似た成分で、血管や肌を引き締める収れん効果に優れているため汗の出口を狭め、分泌量を抑えてくれます。フェノールスルホン酸亜鉛は汗と吸着する性質を持っているため、汗がどんどん流れ出てこないように堰き止めることができるのです。これらの作用により、汗の量を抑えてニオイを軽減する効果が期待できます。

殺菌消毒成分

肌に住み着いている雑菌は、私たちの身体からでる老廃物や汗などを分解して生活しています。この時に発生する代謝物がニオイの原因であり、雑菌が増殖すると代謝物の量も増えるためニオイが強くなってしまうのです。これを防ぐには、適度に雑菌を消毒して殺菌しなければなりません。そこで専用せっけんには、「イソプロピルメチルフェノール」や「ミコナゾール硝酸塩」などの殺菌消毒成分が使用されています。どちらも制汗剤などに広く使用されているポピュラーな殺菌消毒成分で、幅広い雑菌に効果を発揮します。肌への刺激も比較的弱いので、デリケートゾーンに使用しても問題ありません。

 

デリケートゾーン専用のせっけんを選ぶポイント

様々なデリケートゾーンのトラブルを改善することができる専用せっけんですが、その種類は実に多種多様です。国内はもちろん海外でも広く利用されているため、海外製のものまで合わせると膨大な数の商品が存在しています。基本的には好みに応じて選んで構わないのですが、正しい効果を得るには選ぶポイントを抑えておくことも大切です。どんなポイントに気を配って選んだほうが良いのか、具体的に見ていきましょう。

 

配合成分をチェック

デリケートゾーンの肌トラブルに効果的な成分は様々ありますが、どの成分が配合されているかは商品ごとに異なります。基本的にはかゆみや黒ずみ、ニオイといった全てのトラブルに対応可能な成分がバランスよく含まれていますが、中には特定の成分が足りないというケースもあります。ニオイを何とかしたいのに、かゆみ改善に優れた専用せっけんを使用してもあまり意味がないので、必ず自分の肌トラブルに適した成分が配合されているかをチェックしてから購入しましょう。

 

肌への刺激をチェック

身体の中でも最も薄い皮膚であるデリケートゾーンは、ちょっとした刺激でも思わぬ負担になることがあります。このため、できる限り肌に刺激を与えないよう、低刺激タイプの専用せっけんを選ぶことが重要です。基本的にはデリケートゾーン用の専用せっけんは低刺激にこだわって作られていますが、念のため成分表示などを確認し、肌に刺激となる成分が含まれていないか注意しておきましょう。

 

泡立ちをチェック

ニオイや汚れを落とそうとして、デリケートゾーンをゴシゴシ洗ってしまうのは厳禁です。摩擦が刺激となって肌荒れや黒ずみを悪化させる可能性があるので、洗う時はいかに力を加えないかがポイントになります。そのためには、きめ細かい泡がしっかり作れるせっけんを選ばなければなりません。泡立ちが良ければ、デリケートゾーンを直接手で擦らなくてもしっかり汚れや雑菌を吸着してくれますし、隅々まで専用せっけんの効果を行き渡らせることができます。見落としがちなポイントですが、泡立ちの状態も忘れずにチェックしてください。

 

 

デリケートゾーンせっけんの使い方

デリケートゾーンの専用せっけんは、正しい効果を発揮するためにも正しい使い方を心がける必要があります。間違った洗い方を続けると、肌トラブルを悪化させて逆効果になる可能性もあるので注意しましょう。

正しい手順

まずは泡立てネットなどを使い、せっけんをしっかり泡立てます。デリケートゾーンはできるだけ刺激を与えない方が良いので、手ではなく泡で洗うように心がけましょう。そのためにも、しっかり泡立ててから使うことが大切です。泡立てたら優しくデリケートゾーンに当て、押し洗いするようなイメージで泡を動かします。この時、くれぐれも指や手で擦らないようにしてください。洗い終わったら、そのまま放置するのではなくしっかりとすすぎ洗いをしましょう。すすぐ時も手で擦ったりせず、自然なお湯の流れに任せるだけで十分です。また、お湯はできるだけ体温に近いぬるま湯を使いましょう。熱いお湯だと皮脂を溶かして落とし過ぎてしまいますし、肌への刺激も強くなってしまいます。ぬるま湯でも十分に泡や汚れをすすぐことはできるので、温度には気を付けましょう。

 

専用せっけんの注意点

専用せっけんを使う場合、泡でデリケートゾーンを数分間パックする人も多いです。しかし、肌への刺激を考えるとこれは避けた方が無難です。いくら肌に優しい成分とは言っても、数分間も肌に留めておくと負担になってしまいます。特に、敏感肌やアトピー肌のように肌が弱い人の場合、専用せっけんですら刺激になる可能性があるので注意が必要です。また、綺麗にしようとするあまり、膣の中までせっけんで洗ってしまうのは厳禁です。膣内はもともと酸性に保たれており、侵入してきた雑菌などを殺菌する自浄作用を持っています。そこをせっけんで洗ってしまうと、膣内のバランスが崩れて自浄作用が損なわれ、逆に雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。炎症やニオイの原因になってしまうので、膣内までせっけんで洗うようなことは決してしないでください。

 

根気強く使う

どんな化粧品でも言えることですが、使ったからと言って即効果を実感できるものはそう多くありません。デリケートゾーンの専用せっけんも同じで、肌トラブルの内容によっては改善効果を得られるまでには何ヶ月もかかることもあります。かゆみやニオイであれば、雑菌を減少させたり炎症を抑えれば症状は改善するので比較的短期間で済むこともありますが、黒ずみを改善させるにはメラニン色素の少ない肌細胞に入れ替えなければなりません。肌のターンオーバーは早くても1ヶ月はかかるため、一朝一夕には効果を得られないのが普通なのです。もちろんかゆみやニオイも、原因によっては同じように長期間かかる可能性もあります。大切なのは、少し使っただけで「効果がないじゃないか」と使用を諦めるのではなく、数ヶ月かかると覚悟して根気強く使い続けることなのです。

 

デリケートゾーン専用のせっけんで悩みを解消!

デリケートゾーンの悩みは、場所が場所だけに気軽に誰かに相談できないという人が多いでしょう。かといって婦人科で相談するのも勇気が出ず、一人で悶々と悩みを抱え込んでいるケースも少なくありません。しかし、その悩みもデリケートゾーン専用のせっけんを使えば解決できる可能性あります。専用せっけんは、デリケートゾーンにありがちなトラブルに効果的な成分を配合しており、正しく使えばニオイや黒ずみ、かゆみなどを改善することが可能です。もちろん100%確実に悩みを解決できるわけではありませんが、何もせずに悩んでいるよりもずっと改善の可能性は高まります。価格も決して高すぎるというわけではなく、お手頃な価格帯の専用せっけんも数多くあります。使い方も毎日のお風呂で洗うだけという手軽な内容なので、根気強く試してデリケートゾーンの悩みからの解放を目指しましょう!